全国各地のエッチな女性とテレフォンセックス

全国各地のエッチな女性とテレフォンセックス

全国各地のエッチな女性とテレフォンセックスを楽しみませんか?無料ポイントや無料体験がるいているサイトばかりをご用意していますので是非活用しましょう!

万全の準備でテレフォンセックスに挑む

テレフォンセックスを始める前に、色々と準備すべきことがあります。

準備を万全にすることで、テレフォンセックスをより楽しむことができるので、準備は常に怠らないようにしましょう。

では、一体どのような準備をすればいいのでしょうか?

万全の準備でテレフォンセックスに挑むイメージ

まず、テレフォンセックスをする場所に関してですが、大半の人は自分の家で行うと思います。

もちろん、そのままの状態でもいいのですが、できれば少しばかりエッチに合った雰囲気を出したいところです。

イルミネーションを飾ったり、ラブホテルのような明かりにしたり、ムードを出すための音楽を流したりすることで、さらにテレフォンセックスが盛り上がると思います。

次にテレフォンセックスをする時に着る服ですが、もちろん普段着でもいいですし、もっと言えば何も着なくてもいいわけです。

ただ、一方で何らかのコスプレを着たり、普段はあまり着ないような服を着ることで、いつもと違う気持ちになれるでしょうから、それがテレフォンセックスをより一層盛り上げてくれるかもしれないのです。

そして、ローターや電マ、オナホールやテンガといったいろんなグッズを活用するのもいいでしょう。

自分が利用するのはもちろん、相手に使うような感じで利用することで、かなりの興奮を味わうことができるのです。

あとは、自分がやりたいセックス、相手にやってもらいたいことやお願いがあれば、事前にそれを書き出しておくのがいいでしょう。

どうしてもテレフォンセックスを始めると、やりたいことを忘れてしまうことも多いので、メモしておけば忘れることなく相手に伝えることができます。

また、もし携帯電話でテレフォンセックスをするのであれば、電波の状況と電池の残量には十分に注意しましょう。

せっかくいいムードになってきたのに、いきなり通話が途切れると興ざめしてしまいますから。

他にも、自分が便利だと思った物、用意しておいた方がいいと思ったグッズなどがあれば、準備しておくといいでしょう。

仮に使わなかったのであれば、次から用意しなくていいわけですから、準備をして損をすることはありません。

また、テレフォンセックスが終わった時に、あった方が良かった物、準備しておいた方が良かった物があれば、それもメモしておき次の時までに準備しておくのがいいかと思います。

テレフォンセックスは、シンプルなようで意外と奥が深いものですから、今の雰囲気を色々と変えてみたり、いろんな補助道具を工夫しながら利用することも、テレフォンセックスを楽しむには大事なことなのです。

どれぐらいのペースでテレフォンセックスをするのがいいのか

テレフォンセックスを楽しむには、どれぐらいのペースでするのがいいのでしょうか?

もちろん、人によってそれぞれ自分のペースは違うわけですから、週1回でも満足できる人もいれば、週に3回やっても物足りないと感じる人もいます。

また、頻繁にテレフォンセックスをやるものの、1回1回にそこまで時間をかけない人もいますし、逆に頻度は少なくても、1回1回にたっぷりと時間をかける人もいるのです。

どれぐらいのペースでテレフォンセックスをするのがいいのかイメージ

このようなこともあるので、一概にどれぐらいのペースでテレフォンセックスをやるのがいいかは言えないのですが、初心者の人であれば、週に1回から2回ぐらいを目処にやればいいかと思います。

あまり頻度が少ないと、せっかくテレフォンセックスに慣れてきたのに、間隔が空くことで勘が鈍ってしまう可能性もあるのです。

だからと言って頻繁にやり過ぎても、疲れが溜まってしまう可能性もありますし、そもそも相手にも負担をかけてしまうことになります。

ですから、ある程度慣れるまでは、多すぎず少なすぎず、程よい頻度でテレフォンセックスをするのが望ましいと思います。

それに、最初のうちは色々と試行錯誤するでしょうし、そんな状況が毎日続くのはかなりの負担になってしまうと思います。

電話代などの金銭面も考えないといけないので、それも考慮した上でどれぐらいの頻度でやるかを決めるようにしましょう。

そして、ある程度テレフォンセックスに慣れたのであれば、頻度を増やしていたり、逆に少し減らしてみたりして、自分にとってベストなペースを掴むようにしましょう。

週にもう1回増やしても大丈夫そうだと思ったら増やせばいいですし、週に2回から1回に減らした方が中身の濃いセックスができると思ったら減らせばいいわけです。

また、テレフォンセックスをする時間も重要で、短い方がいいのか長い方がいいのか、そこもしっかりと意識するようにしましょう。

テレフォンセックスの時間は、長ければいいわけでも短ければいいわけでもありませんから、人それぞれ適した時間は異なるのです。

もちろん、これらは全ての自分のことであって、相手のことも考えなければいけません。

相手に無理強いをしたり、無理に長時間テレフォンセックスをやらせるのは避けるようにしましょう。

恐らく、本当の意味で自分の理想的なテレフォンセックスができるようになるまでには、半年程度かかると思います。

それまでは、とにかく自分なりにいろんな工夫や施行をやってみることが大事なのです。

テレフォンセックスを無料で楽しむ方法

テレフォンセックスとは、電話というツールを使って男女が受話器越しに各自自慰行為を行いながら、

一緒に同じ空間で性行為をしているかのように性的欲求を煽り言葉や吐息なのでイメージを膨らませ、2人で気持ちよくなる行為を指します。

だけど「テレフォンセックスに関心はあるけど、電話代がかかるからやりたくない」なんて人も多いと思います。

現実に会う必要はなく手軽に行うことが出来るので、関心のある人は沢山いると思いますが、

電話代が気になるので、現実にテレフォンセックスは行ったことがないという人は意外と多いのです。

「電話を使用する以上電話代が必要となる」というイメージが強いのですが、この頃では、無料でテレフォンセックスを行うことが可能な環境が整ってきています。

どうすればいいのかと説明すると、パソコンを活用してやればいいのです。

テレフォンセックスを無料で楽しむ方法イメージ

自宅にあるパソコンを活用し付属のウェブカメラやスカイプといった機能を利用することにより、

電話を使用しても全く電話料金が発生せず、無料でテレフォンセックスが出来るという仕組みなのです。

インターネットで検索してみてください。そうすれば無料でテレフォンセックスが可能な方法やサービスを紹介したサイトが無数に存在します。

女性の年齢層もサイトによって様々ですし、活用できる機能や使い勝手も異なりますのでスカイプやウェブカメラといった中から、自分が使用しやすいツールを選択してテレフォンセックスを無料で行ってみてはいかがでしょうか?

出会い系サイトでサクラの手口にあってしまったという人に是非とも試してみて欲しいと思います。

テレフォンセックスならリスクもとても低くサクラはほとんど存在しないので、出会い系サイトに興味がある人は選択肢に入れてみて下さい。

ちょっとすけべなメル友とテレフォンセックス

私は埼玉県に住む女子大生であり、学校には自宅から通っています。

実は少し前から、出会い系サイトを利用して知り合ったちょっとスケベなメル友と、テレフォンセックスをすることに夢中なのです。

そもそも出会い系サイトってどう思われますか?

出会い系サイトに登録しても、実際に楽しむことが出来たり、セックス出来たりすることなんて、

ごく限られた人にしか体験できないのではと考えている人もおそらく多いと思うのです。

実際に私もそう思っていたために、興味はあったのですが登録しようとは思わなかったのです。

それに、親の目を盗んで会いに行くのも難しいし、学校とアルバイトで自由な時間を取ることも難しいので、

直接会うことはちょっと無理っぽいなと感じていたわけです。

ところが、何も直接相手に会わなくても、十分に快感を得られる方法が見つかったので、最近はそれに夢中になってしまったのです。

私のメル友は、スケベなオヤジなのですが、会社では結構偉い人みたいなのです。

その人にはちゃんと家族がいるので、直接会わずにメールや電話でエッチな会話がしたいという希望を持っていたのです。

ちょっとすけべなメル友とテレフォンセックスイメージ

私も直接会うことは難しいいし、丁度良いかなと思ってメールをしたら、すぐにOKといことになったのです。

その人はとにかく声が良いんです。私と同じくらいの歳の男性とは全く異なっていて、とっても渋くて色気があるんです。

その人と初めて電話で話した時から私はその声の虜になってしまい、

テレフォンセックスをしないかというその人の申し出をすぐに受け入れたのです。

その人はセクシーな低音でエッチな指示を次々に与えてくれるので、私は興奮しっぱなしなのです。

こんな楽しみ方も出会い系サイトにはあるのですね。

人妻とテレフォンセックス

人妻サイトも人それぞれいろいろな楽しみ方があります。

本気で人妻とデートしたいと思っている人もいるだろうし、デートの延長線上にセフレまで視野に入れている人もいるでしょう。

セフレサイトのあっさりした女性よりも、人妻を口説いてセフレにすることに生き甲斐を覚えている人もいるといいます。

僕たちの場合は少し違います。二人は学生です。おもしろ半分で人妻サイトに登録しています。

とはいっても登録しているのは友人で、僕は友人の代わりにメールを打ったりしています。

友人は女性ウケするメールを打つのが苦手なので、メールを打つのはもっぱら僕の担当です。

学生と正直に出しては人妻は相手にしてくれないだろうということで、二人で相談して25歳銀行マンということにしました。

銀行マンであればいわゆる難い商売なので、安心してくれるのではないかという安直な発想です。

でも、銀行マンが勤務時間中に人妻サイトにアクセスするなんてことあるのだろうかという疑問にぶつかりましたが、気にしないこととしました。

講義が早めに終わってから、友人の自宅で人妻サイトにアクセスすると、ログインしている人妻がいることに気付きました。

早速僕がメール文を考えました。午後2時過ぎに銀行マンがどんなメールをするのでしょか。

なかなか難しいですが、ちょっと時間が空いたのでアクセスしてみたという雰囲気でメールを入れてみました。

すぐさま返事が来ましたが、電話をほしいというのです。

友人は色めきだったのですが、どちらが電話を入れるかということで目を合わせました。

登録して料金を負担しているのは友人で、メールで惹きつけたのは僕だからという無言の火花が散りました。

ここは友人に譲ることにしました。友人が人妻に電話をしました。

サイト上のハンドルネームを確認しあったりして、血液型とか人妻サイト歴などを話していましたが、自分が銀行マンでることは頭に残っているのでしょうか。

しばらくして、携帯をスピーカーモードにして、電話でエッチしようっていってるぞといいました。

電話でエッチって、いわゆるテレフォンセックスってこと?銀行マンが午後2時にテレフォンセックスできんのかよ、なんて考えているうちに、友人はベルトを緩めはじめました。

電話の人妻に衣服を緩めるように指示したり、随分慣れた感じで事は始まったしまいました。

人妻とテレフォンセックスイメージ

かなり慣れた感じでノリいい人妻です。

かなりのあえぎ声が携帯から聞こえてきました。

ここは便乗しない手はないと思い、僕もベルトを緩めようか悩みました。

携帯を前にして男二人が下半身をむき出しにしている光景は絵にならないと思いました。

友人はもうAV男優にでもなりきっている様子で相手の声に合わせて腰を振ったりしていました。

大きなあえぎ声を最後に電話が切れました。

相手の人妻は本当に下着を外して喘いでいたのでしょうか。

相手も誰かと一緒にふざけているのではないかと考えたりもしました。

冷静さを取り戻した友人は急に恥ずかしくなったのでしょうか、顔を赤らめてシャワーを浴びると部屋を出て行きました。

学生がこんなことしていていいのだろうかと思う今日この頃です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ