動脈硬化なんて言葉を知らなかった時代に戻りたい

人間はいつか死んでいなくなるんだと認識したのは何歳くらいの時でしょうか。認識した時でも、いなくなる理由は病気になっちゃったからとかそんな風にしか思いませんでしたよね。それが大人になると、病気の名前をたくさん見聞きするようになり、ガンだと聞いてもどこの部位なのかといったことまで詳しく知りたがるようになりました。

 

自分がいつなってもおかしくない年齢に近付いたという危機管理能力なのでしょうか。ありとあらゆる病気のパターンを知りたいと思うのは野次馬根性からでしょうか。発見に至った経緯、経過、治療法、人によって違うのですが、だから比較しやすく参考になりますよね。動脈硬化、心筋梗塞なんて言葉を知らなかった頃に戻りたいですよ。